スターハウスの乗組員を募集します。

スターハウスは、この世界と宇宙の神秘に触れて、
みんなと何かをつくっていくことを通じて、
お互いの信頼関係を育んでいくためのプロジェクトです。

 

例えば、地球市民であるわたしたちが、
VR・メタバース上に建造する宇宙船の乗組員となって、
宇宙の果てまで行くということ。
何年かかるか分からない。
どんな困難が待ち受けているか想像しようもない。

 

でも、それと同時にどんな出会いがあり、
どんな閃きと興奮が待ち受けているのかも、
今は想像すらできず、ワクワクする。

わたしたちはこのミッションを通じて
たくさんのものを手に入れるはず。
新しいテクノロジーを駆使し、
わたしたち自身の手で制御し発明して、
新しい世界を創りあげていきます。

それは大学の研究室かも知れない。
VRゴーグルの中に広がる仮想空間かも知れない。

押し入れの中の暗闇かも知れない。
段ボールでつくったロケットの中かも知れない。
アマチュア無線の交信かも知れない。
北海道の限界集落の森の中から見上げる夜空かも知れない。
宇宙から送られてくるデータかもしれない。
東京の窓辺に置いた流星観測カメラの記録かも知れない。
ハワイの山頂の望遠鏡が捉えた不思議な光かも知れない。

 

その中にわたしたちは何を見つけるのか。
それぞれの生き方をどう変えるのか。
たくさんの人と出会い、言葉を交わし、
この星の上で集い、夢中で戯れ、空を見上げる。

 

年齢も関係ない。
性別も、国も、肌の色も、言葉も、関係ない。

わたしたちは、地球という星の市民になる。

 

今、これまでとは違う世界をつくる必要があります。
だから、ひとりひとりの好奇心と創造力を結集させよう。
市民クリエイター、市民エンジニア、市民アーティストになろう。
そのための実践と共有の場をつくろう。
学ぶ意味を置き換えよう。
あたらしい働き方を発明しよう。
変わり続ける自分にワクワクしよう。

そして、ひとりひとりが輝ける星々になろう。 
そのために、スターハウスに集まろう。

 

Voice: Tomoyasu Hirano, Shino Omura, Momo, Saya, Kenji Saito, Ryusei Abe, Ayako, Busshi Mano
Text: Tomoyasu Hirano

Tropical Leaves

発起人

平野 友康
Tomoyasu Hirano (テレポート株式会社)

阿部 新助

Shinsuke Abe a.k.a. Avell (日本大学理工学部航空宇宙工学科)

斉藤 賢爾

Kenji Saito (一般社団法人アカデミーキャンプ)

渡部 潤一

Junichi Watanabe(国立天文台)

岡島 礼奈

Lena Okajima (株式会社ALE)

福田 淳

Atsushi Fukuda(株式会社スピーディー)

竹内宏彰
Hiroaki Takeuchi(株式会社stu)

 

以上、順不同

VR宇宙旅行社スターハウスとは?

スターハウスは、市民クリエイター、市民エンジニア、市民アーティストのネットワークを構築するために活動します。

スターハウスの中には様々なプロジェクトがあり、今回の「VR宇宙旅行社スターハウス・プロジェクト」は、「君がつくるVR宇宙ミッション!」と題し、VRChatのワールドやアバターを市民クリエイターの手で開発していきます。「はやぶさ」の開発や日本を代表する流星研究で知られる日大理工学部航空宇宙工学科の阿部研究室と提携して、大学と民間、こどもから大人まで年齢や場所などのあらゆる障壁を超えたワクワクするプロジェクトを推進していく、<みんなでつくるVR宇宙旅行会社>です。

性別や年齢は関係ありません。ぜひメール登録してくださいね!

みんなで自分たちでつくった月へ!
みんなで自分たちでつくった月へ!

press to zoom
宇宙ステーションから地球を眺める
宇宙ステーションから地球を眺める

press to zoom
座学もあるよ!
座学もあるよ!

press to zoom
みんなで自分たちでつくった月へ!
みんなで自分たちでつくった月へ!

press to zoom
1/6